グループ『葦』は1977年に熊本で結成した古楽アンサンブルです。ヨーロッパ中世、ルネッサンス、バロック期の作品を演奏しています。九州各地で開催の音楽祭に出演したり、自主的な演奏会を主催したりしてきました。また古楽器に適した響きの良い教会や歴史的建造物での音楽会に出演してきました。九州と縁の深い天正遣欧少年使節に関する演奏会にも多く参加しています。

 2011年からリュート奏者・野入氏をお迎えして演奏会を開催しています。

 2013年熊本県天草市河浦町の天草コレジヨ館でコレジヨの仲間と共に市主催の記念コンサートに出演、2014年「天正遣欧少年使節によせる音楽の旅」、2016年ヘンリー・パーセルのオペラ『ダイドーとエネアス』上演。2017年8月結成40周年を迎えました。

 2019812日熊本県立劇場コンサートホールに於いて世界の古楽シーンの第一線で活躍するヴィオラ・ダ・ガンバ奏者ホアン・マニュエル・クゥインターナ氏を指揮者に、アーチリュート奏者の野入志津子氏を音楽監督にお迎えし、イタリア初期バロック音楽の傑作、クラウディオ・モンテヴェルディ作曲「聖母マリアの夕べの祈り」の熊本初演を行いました。


最新情報


とても残念なのですが南阿蘇ルナ天文台さんよりお知らせがあり、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い3/15(日)開催予定でしたクラシック・ディナーコンサート「グリーンスリーヴス Greensleeves」コンサートは延期とさせていただきます。(延期の日時は現在未定です) 楽しみにして下さっていたお客様には本当に申し訳ありませんが、やむ終えない苦渋の判断とご了承下さいますようお願い申し上げます。
今は何よりもこの感染症の流行の収束を心から願います!

3月15日(日)は豊かな自然と温かいおもてなしで慌ただしい日常を忘れさせてくれる素敵な空間⭐️南阿蘇ルナ天文台・オーベルジュ「森のアトリエ」さんにて、ディナータイム・コンサートをさせていただきます。
早春の南阿蘇へどうぞおいで下さい。

🎄12月15日(日)は熊本市花園公民館ホールにて「星の界⭐️ほしのよ」クリスマスコンサートを開催しました。

今回はメンバーお手製クリスマスティー、プチお菓子、さらに差し入れのお子様のお客様へ可愛いプレゼントなどご用意して、お天気にも恵まれ私たちも何かワクワク楽しみな12月の夕べの音楽会となりました。
開場と同時に地域の方々が多数お越しになられました。そしてお茶を手に取られて、シャルパンティエ「真夜中のミサ」やブクステフーデ"Jesu,meines lebens leben"、クリスマスキャロル等に熱心に耳を傾けて下さって、とても嬉しかったです。
主事の宮尾有先生はじめスタッフの皆さまには大変お世話になりました💐お陰様でこの一年を締めくくるにふさわしい手作りのコンサートがかないました。

2019.12.15


12月1日(日)はルナ天文台・オーベルジュ「森のアトリエ」さんでのディナー⭐️コンサート『冬の日に」"In the Bleak Midwinter"でした。

    12月1日(日)はルナ天文台・オーベルジュ「森のアトリエ」さんでのディナー⭐️コンサート『冬の日に」"In the Bleak Midwinter"でした。
    流石に熊本でも冷え込む日が多くなりました。南阿蘇の自然も一気に紅葉から落ち葉へ変わり、冬支度を始めた模様🍂オーナーの宮本さんからは煌めく冬の星座のお話があり、コンサートと冬のお料理も相まってまさに「冬の日」を味わうのにぴったりの時でした。クリスマスのミサ(抜粋)やキャロル、舞曲などを精一杯、楽しく演奏しました。
     熱心に耳を傾けて下さったお客様方に心から感謝申し上げます。そして変わらず温かく迎えて下さる宮本さんはじめ、スタッフの皆様、いつも本当にありがとうございます。

2019.12.1


『聖母マリアの夕べの祈り』の演奏会が終わりました。

指揮のホアン・マヌエル・クィンターナ様、音楽監督の野入志津子様、舞台監督の上村清彦様、共にモンテヴェルディの音楽をつくりあげた奏者の皆様、ご来場いただいた皆様、応援をして下さったたくさんの皆様に感謝申し上げます。

2019.08.12


熊本大学教育学部音楽科教授で作曲家の國枝春恵先生がVespro 公演について記事を書いて下さいました。
8月22日の熊本日日新聞25面、芸能欄自由席コーナーです。
國枝先生ありがとうございます😊

2019.08.22


指揮のホアンさんとのセッションです。2019.08.03

8月12日の演奏会に向けて器楽と合唱のセッションです。2019.06.16


『聖母マリアの夕べの祈り』プロモーションビデオを追加しました。 2019.05.27