グループ『葦』は1977年に熊本で結成した古楽アンサンブルです。ヨーロッパ中世、ルネッサンス、バロック期の作品を演奏しています。九州各地で開催の音楽祭に出演したり、自主的な演奏会を主催したりしてきました。また古楽器に適した響きの良い教会や歴史的建造物での音楽会に出演してきました。九州と縁の深い天正遣欧少年使節に関する演奏会にも多く参加しています。

 2011年からリュート奏者・野入氏をお迎えして演奏会を開催しています。

 2013年熊本県天草市河浦町の天草コレジヨ館でコレジヨの仲間と共に市主催の記念コンサートに出演、2014年「天正遣欧少年使節によせる音楽の旅」、2016年ヘンリー・パーセルのオペラ『ダイドーとエネアス』上演。2017年8月結成40周年を迎えました。

 2019812日熊本県立劇場コンサートホールに於いて世界の古楽シーンの第一線で活躍するヴィオラ・ダ・ガンバ奏者ホアン・マニュエル・クゥインターナ氏を指揮者に、アーチリュート奏者の野入志津子氏を音楽監督にお迎えし、イタリア初期バロック音楽の傑作、クラウディオ・モンテヴェルディ作曲「聖母マリアの夕べの祈り」の熊本初演を行った。


『聖母マリアの夕べの祈り』の演奏会が終わりました。

指揮のホアン・マヌエル・クィンターナ様、音楽監督の野入志津子様、舞台監督の上村清彦様、共にモンテヴェルディの音楽をつくりあげた奏者の皆様、ご来場いただいた皆様、応援をして下さったたくさんの皆様に感謝申し上げます。

2019.08.12


熊本大学教育学部音楽科教授で作曲家の國枝春恵先生がVespro 公演について記事を書いて下さいました。
8月22日の熊本日日新聞25面、芸能欄自由席コーナーです。
國枝先生ありがとうございます😊

2019.08.22


指揮のホアンさんとのセッションです。2019.08.03

8月12日の演奏会に向けて器楽と合唱のセッションです。2019.06.16


『聖母マリアの夕べの祈り』プロモーションビデオを追加しました。 2019.05.27


演奏会情報